今回のプロジェクトのコンセプトはズバリ!
治療院の新しい売上の柱を作り、売上を安定させ、スタッフを守ること!
治療院の新たな可能性にチャレンジし、より多くの貢献を実現すること!

皆様、こんにちは。
治療院経営コンサルタント、プロデューサーの張徳義です。

下記にひとつでもあてはまる先生は最後まで読み進めてくださいね。

☑ 現在いる治療スタッフの鍼灸師資格を生かしたい。
☑ 治療院の売上げを増やしてスタッフの給料をアップしたい。
☑ 今まで通り保険請求ができなくなった。
☑ 実費導入を試みたけど思うようにいっていない。
☑ 仕組みとして収入を安定させたい。
☑ リラクゼーション系が増え、お客様が来ない。
☑ 訪問鍼灸事業のFCに加盟しているがうまくいってない。
☑ 1人の治療家として今後の不安ばかり考えてしまう。
☑ 沢山のセミナーやDVDで学んでも満足いく結果に辿り着けない。
☑ スタッフの稼働率が上がらず人件費ばかりかかる。


一つでも共感する悩みはありましたか?

今回、上記のお悩みの解決策をご提案させていただきます。

まずは、日本の現状のお話をさせて頂きます。

そうする事によって、今後、治療院のあるべき姿も見えてくると思います。


日本は、【超高齢化社会】に突入しています。

総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率言います。

世界保健機構(WHO)や国連の定義によると、高齢化率が

7%を超えた社会を「高齢化社会」
14%を超えた社会を「高齢社会」
21%を超えた社会を「超高齢社会」と言います。

日本は1970年に高齢化社会になり、1994年に「高齢社会」になりました。

2007年には21.5%となり、「超高齢社会」に入りました。

最新データである『平成23年版高齢社会白書』によると、
2010年10月時点の高齢化率は23.1%で、今後も日本の高齢化率は
上昇傾向が続くとみられ、世界に注目されています。

このような超高齢化社会で、治療院を経営され、治療家として生きていくならば
日本の人口の23.1%以上の高齢者を救うことは、我々の使命ではないでしょうか?


これからは『在宅ケア』の時代!

医療機関でも診てもらえない患者さんが増え、リハビリも追いつかないまま
自宅へ戻されているのが現状です。

行きたい場所にもいけず、受けたい介護医療サービスも受けられず、
なにより整骨院・鍼灸院へ行きたくとも行けない人が増えてきています。

同時に『訪問型のサービス』の充実も今の時代とも言えます。

宅配弁当、訪問マッサージ、訪問家事代行、訪問ヘルパーなど、
今では何でも家にいながらにして届く時代です。

そんな時代に、我々、整骨院・鍼灸院では、何をしていきますか?
私は、デイサービスセンターも運営していますが、度重なる介護報酬改定、
同業種の乱立、箱物といわれる家賃問題、雇用問題・・・

なかなか介護事業所の経営は安定しません。

時代の荒波に柔軟に対応して行く為には、初期投資のかからず、今の時代背景にのった
「訪問鍼灸事業」が、整骨院経営、鍼灸院経営の鍵になると思っています。


訪問鍼灸事業を導入することで何が実現できるのか?


☑ 院の鍼灸師を有効活用し売上アップを実現できる。
☑ 外来と訪問の2本柱売上を獲得できる。
☑ 接骨院の保険治療に依存しない経営を実現できる。
☑ プル型の戦略からプッシュ型の戦略ノウハウを修得できる。
☑ 院全体のセールスを介護医療機関に行えるようになる。
☑ 在宅ケアの現状を知る事で新たな新規事業の確立を目指せる。

などなど、訪問鍼灸を導入することで
あなたの院の可能性と成長を飛躍的に高める事ができます。

訪問鍼灸の患者さんは、慢性的疾患であり、一度治療依頼を受けると
平均で14ヶ月以上は、治療を続けます。※弊社統計

雇用している鍼灸師を活用すれば、
初期投資0円でスタートすることができるメリットも大きいです。


鍼灸保険単価:1,520円(二術)
平均往診費:2,570円 
(1800+加算770円2キロ〜4キロ未満)
1回あたりの施術単価:4,090円
訪問顧客月単価:32,720円 ※月8回
訪問顧客生涯価値(LTV): 458,080円 (14ヶ月)

鍼灸師1名の売上目標:45万円
1日の売上目標2.1万円×22日=46.2万円
単価約4200円 1日5名目標


院に鍼灸師が3名いれば、月の売上135万円の収入を見込めます。

そして、毎月新規を増やしていければ、とんでもない売上になります。

訪問治療は、外来と違い、治療が終わったら次の予約を取る必要はありません。
毎週、毎週、施術曜日時間は固定され、毎月、毎月、売上のメドが立ちます。

・初期投資が少ない!
・毎月の売上のメドが立つ!
・在庫を持つ必要がない!

訪問鍼灸は見事にこの3つを網羅し、参入をしても全くのノーリスクで始められます。


張さん!
そんなこと言っても簡単じゃないでしょう!

実際に結果を出している実践者はいるんですか!?
との声が聞こえそうです。

大丈夫!!!
私は、実践者しかご紹介しませんから^^

そのビジネスモデルを組織化、事業化している
“訪問鍼灸マッサージリアル実践会 会長”「宮原翔」氏です。




訪問鍼灸マッサージリアル実践会 会長 宮原翔


『地方発展を日本の発展に繋げる』をコンセプトに低資本で誰でも始められる、
『金なし、コネなし、資格なし』ビジネスを地方で展開。

『地方発展は日本の発展になる』という事を信念に、
日本の “少子高齢化問題”を意識したビジネスモデルを貫いている。

夢と情熱を以て、日本全国の大人達が本気で夢を語る文化創出を目指している。

・訪問治療院のみで月商500万達成!県下6拠点展開中。
・全国にコミュニティーを持つ訪問治療院コンサル事業で訪問だけで
月商200万超えのクライアントを続々輩出。
・ママ専門の出張整体事業や託児家事代行事業を新潟で展開。
・『日本ままケア協会』を発足し、全国のママ達の支援体制を構築。
・介護施設等で開催する認知予防トレーニング事業展開
・2017年5月障害者自立を促進する就労支援事業開始予定・・・




いかがでしょう?

怪しい男ですか?

私はこのパッション宮原翔の「訪問鍼灸マッサージリアル実践会」で
セミナー講師を努めさせて頂きました。

東京、大阪、福岡と三都市で、
ミスター営業パッションセミナーをライブで体感しました。


彼は、整骨院、鍼灸院による“訪問鍼灸事業”の3の成功の鍵を
ものの見事に実践して見せてくれたのです!

整骨院、鍼灸院による“訪問鍼灸事業”の3の成功の鍵

1.営業力を強化すること


治療院業界はセールスがもっとも苦手とする業界です。

『待っていればいい』という経営スタイルで生きて来た治療院も多く、
自分達の商品・サービスを積極的にセールスする術を知りません。

訪問鍼灸導入を果たし、医療介護機関へどんどんセールスやご案内、
又はご用聞きができるようになればあなたの接骨院は変わります。


2.鍼灸のイメージが古いから新しいへ


鍼灸のイメージは『刺す』『痛い』『やけど』『もぐさ、匂い』『煙』など
あまりいいイメージを持っていない方が多いです。

訪問鍼灸の営業でどうやってその悪いイメージを払拭するのか?
何よりどうやって訪問鍼灸で無料体験の依頼を受けるのか?

この2点は気になりませんか?
訪問鍼灸導入成功の鍵は、まず『古いから新しいへ』です。
古いイメージを変え、逆にピンチをチャンスに変えること。

あなたのマインドを変え、訪問鍼灸だとしても、ケアマネから
毎月6件~10件程度の新規紹介をもらう方法があります。

治療院ならではの視点で、介護機関と連携し訪問部門の安定拡大を目指すのです。


3.整骨院・鍼灸院ならではの強みを開拓する


他者と同じやり方や無難な営業では紹介はもらえません。

あなたの院が大事にしている強みはなんでしょうか?

関節症に対して、筋肉に対して、麻痺に対して、痛みに対して、
それとも卓越したコミュニケーション能力でしょうか?

院によって色々なアプローチの仕方があるはずです。

訪問鍼灸や訪問マッサージ事業者には決して提案できることはない提案ネタ。

あなたの接骨院だからこそできることが必ずあるはずです。

まずはそこに気付き、確立し、そして集中してそれを広げる事が
事業成功の大きな鍵となります。


リアル神業営業

上記でもお伝えしましたが、訪問鍼灸事業で鍵を握るのが営業です。

彼の圧倒的にリアルすぎる営業の実践を目撃してしまいました!

その営業手法は、元ケアマネとして感銘をうけるばかり。
この営業方法ならNOとはいえない。

セミナー中に新規見込みや体験会、次回アポをドンドン取り付ける。

1回目に電話で相手先の情報を手品のようにドンドン聞き出してしまう。

ハッキリいって、この営業ノウハウがあれば何でも応用できます。

近いうちに【パッションコールセンター】を立ち上げて
ジャパネット高田さんみたいに何でも宣伝しようかと思っています(笑)

それくらい強烈です。

まずは百聞や一見にしかず。

セミナーに来て頂き体感して下さい。

今回のセミナーは組織化して、事業化して、訪問鍼灸マッサージ事業を軌道に乗せる
最短最速方法を公開いたします。

また、現在参入したにも関わらず伸び悩んでいる方も
ケアマネ営業においては業界No.1なので学びんで頂きたいと思います。


0.02%程度なので今がチャンス!

整骨院、鍼灸院と訪問鍼灸事業がこれほどまでに相性がいい事業モデルにも関わらず、
どうして訪問部門をしっかりと確立しない接骨院経営者が多いのか?

ただそれは、あなたが訪問事業の可能性を『知らない』からです。
全ては知る、ことから始まります。

訪問患者さんのLTV(生涯顧客単価)、新規紹介6名以上を出す、
「パッション式ケアマネ営業法」を知れば、今まで全く動いて来なかった
自分がバカらしくなります。

在庫も持たず、売上のメドもたち、LTVは40万以上

在宅ケアの時代背景にもマッチし、整骨院、鍼灸院で築いたノウハウや
考え方も活かしながら、今いるスタッフ(鍼灸師)を有効活用出来る。

良い条件しか整っていないのに、良い理由しかないのに、訪問鍼灸導入実績は。。。

なんと、驚きの0.02%程度



訪問鍼灸事業を導入するのは、時代背景から見ても今がチャンスです。


全国から実践者の方々から
推薦の声が届いております。

初川先生

奥端先生

木村先生

平井先生

シークレット見学セミナーの内容です。

1.治療院業界の今
2.訪問鍼灸が熱く、治療院業界で導入すべきなのか
3.訪問鍼灸の需要と将来性について
4.訪問鍼灸の計画の立て方
5.訪問鍼灸導入方法
6.訪問鍼灸事業の導入実例
7.パッション式営業法
8.パッション営業マインド
9.対面営業と電話営業について
10.営業実践トレーニング


セミナーにこない理由はありませんね。

今回のセミナー価格ですが
ノウハウとしては数千万円の価値があります。

整骨院、鍼灸院の経営者、鍼灸師の方々の経営を安定して
高齢者を支えて、家族、患者さん、スタッフ、その関わる全ての人を
幸せにしてほしいとの思いから今回のセミナー代金は、

ご参加費1名様10,800円(税込)にいたしました!

今回のセミナーのご参加数も限定にさせて頂きます。

各会場10名の方のみ募集いたします。

すぐに定員がいっぱいになることが予想されるので
お早めにお申し込み下さい。

我々には「共通理念」があります。

自費を増やす事が全ての目的ではなく患者さんの寿命を延ばす!

患者さんの健康を第一として健康に導く!

関わる人達をハッピーにする!



それが「我々の目的」であり、「共通理念」です!

先生も我々の共通理念に共感していただけますでしょうか?


共感されるのであれば、
是非、このシークレット見学セミナーに参加して欲しいです。


【東京、大阪会場10名様限定セミナー詳細】
日付 大阪会場 2017年5月27日(土)
東京会場 2017年6月10日(土)
時間 13:00~17:00
セミナー終了後、懇親会がございます。(4000円程度になります。)
定員 10名様
代金 10800円(税込)
(セミナー代金は事前振込になります。自動返信メールをご確認ください。)
場所 ご入金が確定次第詳細はお送りします。


【注意!!!】

お申込みが殺到した場合、申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。
お早目のお申込みお待ちしております。



  • 院・店舗名/法人名
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • お名前
  • メールアドレス
  • 携帯番号
  • セミナー参加日
  • 参加人数
  • 懇親会
  • 備考